歯を失った方へ|診療内容|銀座・有楽町の有吉歯科|神保町・竹橋の西崎歯科、茅場町・水天宮前の有吉歯科

有吉歯科
  • 診療内容
  • 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 歯を失った方へ
  • 歯科レーザー治療

有吉歯科(銀座・有楽町)

西崎歯科(神保町・竹橋)

有吉歯科(茅場町・水天宮前)

Magical Dent

歯を失った方へ

歯を失った場合の治療方法

歯周病や虫歯、根の病気、歯の破折など色々な原因で歯を失ってしまった場合、そのまま放置してしまうと、喪失した歯の両隣が倒れてくる、あるいは噛み合っていた歯が伸びてくる…。多数の歯を失ってしまった場合は上下のあごの位置関係がずれてしまう…。
などといったさまざまな弊害が生じます。

PAGE TOP
実際の治療方法

ブリッジ(健康保険適用・設計や材質により保険適用外)

失ってしまった歯の両隣(あるいはさらに隣)の歯を削り、橋渡しの要領でつなげた歯を被せる。

利 点

取り外し式ではなく、固定されるので違和感なく使える。

欠 点

両隣の歯を大きく削る必要がある。場合にほっては神経を取る必要がある。余分な力の負担を与えてしまうことで将来的に両隣の歯の寿命を短くしてしまう可能性が高い。

入れ歯(健康保険適用・材質により保険適用外)

残っている歯に金属性のバネをかけて人工の歯・歯ぐきを取り付ける。

利 点

残っている歯を削る必要がほとんどない。
(状況により形態を修正する程度)

欠 点

バネや入れ歯そのものの異物感がある。
取り外してこまめに清掃する必要がある。周辺に汚れがたまりやすく、虫歯を誘発しやすい。
歯の部分の摩耗、歯ぐきや骨の変化に合わせてメンテナンスや作り替えが必要。

多数の歯を失った場合、バネだけでは支持ができないため、粘膜への吸着力を利用した面積の大きな入れ歯が必要となります。

PAGE TOP

インプラント(健康保険適用外)

直接あごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込む治療法です。


利 点

他の歯を削る必要がない。(噛み合わせ調整が必要な場合あり)自分の歯のような感覚で使用することができる。取り外し不要。

欠 点

骨に歯を埋め込む手術が必要。手術から歯が入るまでおよそ3~6カ月の期間を要する。費用が高額。(当院では1本20万~ 部位により異なる)定期的なメンテナンスが必要。

詳しくはインプラントページをご覧ください。

どの治療にも利点、欠点があります。
絶対に「これ」という治療法はありません。
お口の状態、全身の状態、多くの要素をきちんと考慮した上で治療の選択肢をご提案・ご説明させていただきます。

PAGE TOP